うつ病かもしれないと感じたら チェックシートで確認しよう!

うつ病ではないかと疑うならまずはチェック|様々な制度が助けとなる

自分の状態を知る

カウンセリング

うつ病ではないかと疑われる場合、自己判断したり放置したりせずに、病院を受診することが大切です。どうしても忙しくて受診できない場合、自分でチェックをすることもできるようになっています。

詳しく読む

うつ気分と見分ける

ハートを持つ人

うつ病とうつ状態では似たような症状がでますが、決定的な違いがあるので早めに治療するためにも、その違いをチェックしておくべきです。回復期や妄想の状態で判断することができます。

詳しく読む

典型に当てはまらない

書く人

うつ病の典型を知ることも大事ですが、それ以外の典型から外れるタイプにも深刻な症状が現れるものがあります。それらの症状をチェックして、自分や周囲の人を気遣うことが大事です。

詳しく読む

調べて準備する

女の人

病気の疑い

身体の病気はその原因を取り除くことで完治します。しかし、心の病気は未だに精神論で語られることもありますので、なかなか治療するまでに至らないのが現状です。それを解決するためには、まずうつ病などの精神的な病についての情報をチェックすることが大事なのです。うつ病とその他との病気の違いをセルフチェックする項目も作られていますので、病院に行かなくても知識は得ることができます。本格的に病気なのだと確定すれば、便りにすべき病院を調べて、正しく対応していきましょう。精神的な病気に関しては、精神科や心療内科で治療が行なわれていますので、そういった専門の機関に頼ることは大変重要です。

他の病気ではないか

最近はうつ病の世間的な認識も広まってきましたので、自分のあるいは周囲の人の状態に心配になって、うつ病になってしまったのではないかと考える人も多くなっています。しかし、実は病気ではなくうつ気分だったという場合もあるので、正しくチェックして病院を受診するのは大切なことです。うつ気分が病気に進展することもありますので、気をつけましょう。しかも内科や外科的な別の病気である可能性もあり、その場合に精神科や心療内科を受けても効果がありません。正しく治療して病気を完治に導くためにも、問題は放置しない方が良いです。周囲の人の治療をサポートしたいという場合にも、精神科や心療内科に相談することができますので、そういったサポートサービスもチェックしておきましょう。最も気になるのが、治療にかかるお金です。精神的な病気にかかると働けなくなることも少なくありませんので、そういった場合に金銭的な補助が受けられるのかどうかもチェックしておくべきです。自立支援医療という補助を受けられるなら、治療にかかる3割の自己負担分を1割にすることも可能となっています。精神的な病気を治療していくには、通常の入院費用を支払ってくれるような保険では賄えない部分も多いです。そんなときに生活に対する不安を解消するための制度がいろいろ用意されているので、諦めてはいけません。

検査方法を知る

頭を伏せているレディ

うつ病であると正確に判断するためには、医療従事者であっても難しい判断が必要になります。正しい判断をするための検査方法や、病気が疑われるときに取るべき行動などを知っておきましょう。

詳しく読む

治療を行なう場所

医師

診療内容と、カウンセリングをしてみたときの医師との話の内容をチェックして、治療を受ける病院を選ぶようにしましょう。うつ病の治療には薬も効果的ですので、その飲み方についても説明を受けましょう。

詳しく読む