医師と患者

うつ病ではないかと疑うならまずはチェック|様々な制度が助けとなる

典型に当てはまらない

書く人

当てはまらないとき

単にうつ病だと感じたとしても、チェックの仕方によっては症状に当てはまらないので、「自分は病気ではない」と判断してしまうこともあります。うつ病には様々な種類があるので、病院で正しく自分の病気に当てはまる症状をチェックしてもらいましょう。この病気は小学生から高齢者まで起こる可能性が非常に高い病気なので、「若いから病気ではない」と判断するのは止めた方がいいです。この病気には最低でも5つの種類があります。それぞれの症状を一つずつ丁寧に照らし合わせて、治療の方針を判断していくことになります。これらの種類分けは時代を経て徐々に増えてきたので、今後も増えていくことが予想されます。

それぞれの症状

まず、仮面うつ病ですが、症状を挙げていくと身体に起こる症状がほとんどなのが特徴です。実はその後ろに精神的な病気が隠れているということから、治療が厄介になるものでもあります。身体的な症状だけにスポットを当てて治療をしていると、絶対に完治できません。現れる症状としては、口の中がどうしても乾いてくる、舌が痛いという口や喉周りに起こる症状があります。どれも決定的な原因がないのが特徴ですので、もしどんなに治療をしても治らないというときは、精神科や心療内科でチェックしてもらうことが大事です。決定的な症状としては、身体の変化と同時に気分の落ち込みもあるというのがあります。
退行期と分類されるものもあります。これは加齢によって起こるものです。女性なら閉経を迎えるとき、男性なら初老期やホルモン分泌が急激に変わる際に起こりやすくなるものです。この病気も判断しにくいのですが、これはやる気がある人もいるからです。気分的な判断がしにくいのですが、希死念慮が浮かぶこともあるとても危険なタイプだといえます。軽度のうつ病の中でも、微笑みタイプだと周囲の人が気づきにくいです。退行期も仮面も、一言周囲の人の声掛けによって自分の状態を判断できるので、外見は笑顔が絶えなくても何かおかしいと思った場合は行動をチェックしてみましょう。