医師と患者

うつ病ではないかと疑うならまずはチェック|様々な制度が助けとなる

治療を行なう場所

医師

初歩的な知識

そもそも心療内科と精神科の違いが分からないので、どこで診断をしてもらったら良いのか分からないという人もいるでしょう。事前にどこに診断してもらったら良いのかはチェックしてもらいましょう。基本的にはうつ病は精神科で治療することになっています。しかし、最近は精神科クリニックであっても、イメージ的に気軽に通ってほしいということから、心療内科やメンタルクリニックと看板を掲げる場合もあります。診療内容には必ず何を治療するのかを明記してあるので、はっきり明示されているところなら心療内科でも精神科でも良いといえます。決める際には診療内容を必ずチェックしましょう。

違いを知る

では、なぜ心療内科と精神科に分かれているのかというと、その判断は身体の症状を治療するかという点が違うからです。心的なストレスによって身体に問題が生じている場合、これは心療内科で治療が行なわれます。うつ病は脳の分泌物の異常によって起こるものですが、身体に症状が起こることもあります。そのためうつ病を心療内科でも治療しているのです。もし身体的な症状が顕著なのであれば、内科的な治療とカウンセリングを同時進行させる場合もあります。
では精神科の診療内容をチェックすると、精神疾患を治療する分野です。精神疾患とは社会的背景によって精神的な不調を起こすものです。脳内に変調をきたして異常が出ている状態を沈めるため、投薬などで治療を行ないますが、神経内科とはまた違った治療内容となります。診療内容をチェックすると、うつ病だけではなく、アルコール中毒などの依存症も治療していることが分かります。
これらの違いを踏まえた上で、効果のある治療をしてくれる医師やクリニックを探すようにしましょう。薬は効果的な治療方法ですが、この説明もきちんとしてくれるのかをチェックすることが大事です。効果だけでなく、副作用や飲むコツについてもきっちり説明してもらいましょう。