医師と患者

うつ病ではないかと疑うならまずはチェック|様々な制度が助けとなる

自分の状態を知る

カウンセリング

こまめに受診

病気にかかったのではないかと思ったとき、病院にかかる人は実はあまりいません。病院に行って待つのも面倒ですし、放っておけば治るのではないかと考えてしまう人が実に多いのです。風邪でも放置して悪化してしまえば命の危険もありますので、できれば面倒に思わずに病院をこまめに受診することが大切です。うつ病を治療する精神科や心療内科も、以前は偏見もあったのですが最近はそういったことは減ってきていますので、周りの目を気にせずに受診することができます。

忙しいとき

かといって忙しいときは病院を受診しようと思ってもなかなか出かけることができません。そんなときにうつ病の疑いが出てきた場合は、セルフチェックをしましょう。チェックもしなければ危機感が生まれません。このときセルフチェックは、自分で治療するためのものではなく、あくまでも病気に関する関心を高めるものだと捉えておきましょう。調べる項目はネットでも簡単に調べることができますので、忙しい人でも自宅や空いた時間に簡単に調べられます。サイトを選ぶ際には、きちんとした体裁で作られているサイトを見るようにするといいといわれています。そして、QIDSといった基準で作られていると更に信頼できるといえるのです。

どんな項目か

うつ病かどうかを見分けるためには、いくつかの項目をチェックします。まずは睡眠に関することです。入眠するまでの時間がどれだけかかるのか、睡眠の途中で目覚めることがあるのかをみていきます。生活の中で、うつ病になってくると眠りすぎていたり、逆に不眠症状が起こったりしますので、困っていることがあれば素直に応えていきましょう。睡眠以外では、気分に関する質問が続きます。次に重要視されるチェック項目は、食欲に関することです。普段の食事と比べてどうなのか、支障を感じていることの、表示されている項目に一番近いものを選ぶことができます。これらの他にも、うつ病になった場合際に変化が生じる項目である、集中力や自分をどう見ているかを調べていきます。